ホーム > 注目 > 胸キュン(死語)の王道ラブロマンス『ときめきトゥナイト』

胸キュン(死語)の王道ラブロマンス『ときめきトゥナイト』

小学生の時にいわゆる「りぼんっ子」だった私。

当時の『りぼん』には、吉住渉さんや、矢沢あいさん、
さくらももこさんなど、
今でも活躍されている漫画家が連載中。

ラブストーリーにひそかに心を躍らせたり、
楠圭さんのホラーマンガに心底びびり
夜どころか昼間さえ一人でトイレに行けなくなったり(笑)、
岡田あーみんの破壊的なギャグマンガに爆笑したり...
と本当に楽しませてもらっていました。

その中でも、おそらく全少女読者を胸キュン(死語)させてであろう
マンガが、『ときめきトゥナイト』!

私がリアルタイムで読んでいたのは、
市橋なるみと江藤鈴世のカップルを描く第2部だったのですが、
魔界人と人間という種族の違いゆえに、
時には引き離されながらも、恋を貫こうとする2人に、
とにかく毎回はらはらドキドキしながら読んでいた。

なんせ途中で、鈴世が狼男であることがばれ、
一旦魔界に逃れなくてはならなくなるわ、
妖精界の戦いには巻き込まれるわ、
その中で2人とも命が危うくなるわ、
と、今思い出しながら書いていても、
展開がまさにジェットコースターなんだから
すさまじい。

特に途中で鈴世が妖精界をのっとろうとする
黒妖精の魔法のダメージで、
なるみだけの記憶をなくしてしまうところには、
泣いて泣いて泣きまくった。

当時ピアノを習っていたのですが、
その発表会の当日、一緒に控室にいた友人(やはり「りぼんっ子」)に、
「あんた全然緊張してないね」と言われ、
「鈴世となるみの行く末の方が気になる」と返したところ、
固くうなずかれたのを今でも覚えています。
(ちょうどその日が発売日だったので、
出番が終わった後、一緒に買いに行きました(笑))

ちなみに、先日図書館で第3部を発見し、
ちょっと読んでみたところ、
2人は結婚し(ただしなるみが再び死にかけており、
鈴世が彼女を救うために人間になっている)、
子供も生まれていることが判明。

なんか幼馴染が幸せになってくれたみたいで、
ちょっとだけ安堵しました。

ただあのマンガの問題点は
小学生の私に高校生になったら、
自動的にかっこいい彼氏ができると思い込ませた点(笑)!

人生、そんなに甘くなかった(悲)


関連記事

  1. 胸キュン(死語)の王道ラブロマンス『ときめきトゥナイト』

    小学生の時にいわゆる「りぼんっ子」だった私。当時の『りぼん』には、吉住渉さんや、...

  2. フラッシュモブ結婚式会社を探す

    フラッシュモブ結婚式会社で どこか良い所が無いかなと思って探しています。 &nb...

  3. こんなことで注意されて

    消防車でうどん店に立ち寄りすることは 是か非かということで論争になっているそうで...

  4. どうしてもと言う日本人

    路上喫煙で摘発されてもその場で支払わず 後日納付してそのまま逃げてしまうと いう...

  5. ねれない・・・薬も効かなくなってきました(泣)

    数年来悩まされている不眠症の症状が最近ひどくなり、薬を飲んだのに眠れないという日...

  6. 健康状態って病院で検査してからじゃないとわかんないよね

    ビタミンとは野菜、または果物などから吸収できる成分ですが、現実には私たちに不足し...

  7. 色々と転職をしてきて感じてきたこと

    私は大学卒業後、コンピュータ関連の商社に総合職として採用されました。 でも諸事情...