ホーム > 現金化 > ショッピング枠を使って現金を得る場合の注意点などについて

ショッピング枠を使って現金を得る場合の注意点などについて

クレジットカードのショッピング枠を使って現金を得る行為をクレジットカード現金化といい、主に自分で商品を売買する方法と現金化業者に依頼する方法の2通りあります。
自分で行う場合にはやり方次第で換金率が90%以上になる場合もありますが、注意点はカード利用停止になるリスクが高いということです。
カード会社は、ゲーム機や商品券やギフト券など換金率が高くなりやすい商品を把握しています。
ゲーム機などを1人で何台も購入することは一般的にありえないことなので、ショッピング枠でまとめ買いすると転売を疑われてカード会社からの監視が厳しくなります。
ショッピング枠で購入した商品は代金を完済するまでカード会社に所有権があるので、代金を完済するまで勝手に転売することは多くのカード会社が認めていません。
例えば、友人から借りたゲームソフトや本を、友人の許可なく買取店に売りに行くのと同じ行為にあたります。
また、現金化業者に依頼した場合でも、カード会社がカード利用停止に踏み切る可能性があります。
したがってそのような事態を防ぐためには商品を購入するのに普段から時々カード決済を利用して、連続してクレジットカード現金化を行わないことが大切です。
どうしても現金が必要でクレジットカード現金化を行いたいのであれば、優良な業者に依頼するのが良いです。
ただし、業者に依頼する場合は換金率が代金の70~80%程度になるので、多重債務に陥らないように計画的に行うことが大切です。
優良な業者であれば業者の予め定めた換金率で即日で現金が得られるので、計画的に行えば非常に便利です。

現金化を調べるならこちら:ネオギフト口コミ


タグ :